ラテンな郷ひろみが帰ってくる!・アイドル・俳優・歌手・ハリウッドスター・お笑い芸人・アナウンサー・映画・ドラマ・バラエティーなど国内・海外の芸能情報を独自見解も交えてお届け致します!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンな郷ひろみが帰ってくる!


アチチの次はブンブンブン!

歌手・郷ひろみ(51)が大ヒット曲「GOLD FINGER’99」以来となるカバー曲「Boom Boom Boom」を5月23日に発売することが12日、発表された。郷が「初めて聴いたときに『GOLD FINGER』と同じくらいのインパクトを受けた」とほれ込んだ曲で、“アチチ”に負けない振り付けも企画している。オリジナルはスペインの国民的歌手ダビッド・ビスバル(27)の情熱的なロック。今年の日本の夏はGOが熱くする!!

昭和の御三家の郷ひろみが,またまたやってくれそうですね!51歳になっても衰えないパワーには感心しちゃいます!郷ひろみのアップテンポなナンバーで印象的だった…『2億4000万の瞳』や『GOLD FINGER’99』に続きブレイクしそうな感じがしますが…



「GOLDFINGER’99」から8年、ラテンな郷が帰ってくる。
郷が原曲「oye el boom」をニューヨークの音楽仲間に薦められて聴いたのが今年1月のこと。果てしなく盛り上がっていくようなビートに「『GOLDFINGER’99』と同じかそれ以上のインパクトを感じた」という。「この曲を歌いたい」という情熱はふくらみ、スタッフも大賛成。そこからはカバーが決定するまでに時間はかからなかった。
音域も広く、アップテンポな曲はベテラン・郷をしてもチャレンジングな領域。普段は2時間で終わるレコーディングが5時間ほどもかかってしまい、さすがの郷も「史上最長です。大変でした」と振り返った。
かつて、「GOLDFINGER’99」のプロモーションとして渋谷でゲリラライブを行い、関係者が書類送検される大騒動になってしまった。もちろん「法に触れない程度」だが、今回も「(何か)あるでしょうね」とニヤリ。
また、“アチチ”に負けない印象的な振り付けも「“ブンブンブン、ビンビンビン”のところで考えてます」とちゃんと用意している。
カップリング曲「Come On Baby」は国土交通省が行っている「ビジット・ジャパン・キャンペーン」のキャンペーンソングに決まった。「ジャパンといえば郷ひろみ」とこちらもとんとん拍子で話が進んだ。郷の歌声が世界へ日本をアピールすることになる。

以前の渋谷でのゲリラライブも大騒ぎになりましたが…今回も何かサプライズをやってくれそうですね…中高年の女性にとっては永遠のアイドルでしょうから,楽しみなのではないでしょうか!?今回カバーする原曲を聴いたことがありますが,アップテンポで幅広い年齢層に受けそうな気がする曲なので,きっとまたヒットするでしょうし,カラオケで歌う人も多いのでは…


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000025-dal-ent
Copyright © 芸能情報!裏の裏! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。